Q&Aコーナー

  エーピーサービスのQ&A

会員になるメリットは?

売掛金の回収率を高め、更に事務コストの削減。新規取引先の与信調査を無料で実施します

企業間取引では後払い(売掛)方式が主流。しかし中小企業同士の取引は小口・少額取引である為、モラルハザードが発生しやすい。小口の売掛金を踏み倒されるケースは結構あります。そんな事を抑止する効果と、そのような支払いの悪い企業とは予め取引をしないよう、信用調査会社とは異なる、実態取引の情報を会員企業には簡易調査という形で無料で行います。(月間の利用制限はございません)

費用はどの位かかりますか?

月額3000円、再請求費用は入金時のみ1050円が課金。1050円は遅延企業負担としています。

会費は6ヶ月間の前払い方式です。最初のみ、初期費用15000円(税抜)と月会費が発生します。支払い方法は銀行振込のみとさせて頂いております。

裁判や弁護士に頼むのとどう違いますか?

回収時のコストが違います。

裁判をしたり弁護士に回収依頼をしたり、債権回収会社に依頼をすると、請求金額によりますが、小口の場合は回収できても、回収費用の方が割高のケースがほとんどです。このサービスは請求書の発送を外注化するだけのサービスとなりますので超ローコストとなります。

本当に回収できますか?

あくまでも、請求書の発送を代行する業務ですが、自社回収よりは効果があります。

エーピーサービスでは、請求書の再発行依頼時や簡易調査依頼時は全てAPデータに記録されます。それにより、遅延企業や、滞納企業はAPデータに記録されている以上、将来的に取引に制裁が加わる可能性が高まる為、支払いを行う可能性は自社回収よりも高確率になると考えています。

古い請求書も手続きをしてくれますか?

長く支払いされていない、古い請求書も発行致します。

1年以上前や5年以上前の未払い請求書でも再請求書の発行を承ります。眠る売掛金を売上金にすることが可能かも知れません。

再請求書を発行して、入金が無い場合は何度でも発行してもらえますか?

1案件に対して1回だけ請求書を発行致します。重複はできません。

APサービスは1案件に1回まで請求書を発行致します。その後入金が確認できない場合は、当社よりハガキで相手方に滞納企業登録の通知書を送ります。それをもって入金が無い場合はそれ以降請求書を発行することはございませんが、その代わりAPデータベースには滞納企業として記録され、滞納が解消されるまで保存され続けます。